大学女子駅伝の進路2024はどこ?実業団と自己ベストなどを調査

当ページのリンクには広告が含まれています。
大学駅伝女子進路2024アイキャッチ

大学女子駅伝で活躍した選手の進路が2024年はどこの実業団に内定したのか気になったので調べてみました。

自己ベストをランキング形式にして大学名と内定先もまとめてみました。

2023年の全日本大学女子駅伝と富士山女子駅伝は名城大学が6年連続で2冠を達成しました。

名城大学の選手と各大学の注目選手の進路を中心にご紹介します。

クイーンズ駅伝2023では積水化学が2年ぶりに王座を奪還し、2024年の連覇に向けて即戦力の選手を獲得したいところ。

資生堂やJP日本郵政グループなど王者奪還を目指す実業団にもどんな有力選手が内定しているのか見てみましょう。

目次

大学女子駅伝の進路2024はどこ?

就職の画像

大学女子駅伝に出場した選手の進路が2024年はどこの実業団に内定したのでしょうか。

大学女子駅伝4年生の5000mPBをランキング形式にして出身大学と就職先を一覧表にまとめました。

ランキング5000mPB氏名出身大学所属先
115分38秒04保坂晴子日本体育大学パナソニック
215分42秒02増渕祐香名城大学第一生命グループ
315分45秒39北川星瑠大阪芸術大学ユニバーサルエンターテインメント
415分50秒92山田桃愛玉川大学しまむら
516分02秒38風間歩佳中央大学資生堂
616分07秒28樫原沙紀筑波大学エディオン
716分10秒48宮内志佳日本体育大学埼玉医科大AC
816分10秒75古原夏音大阪芸術大学京セラ
916分14秒97道下美槻立教大学積水化学
1016分21秒44堀綾花神戸学院大学デンソー
1116分22秒79鈴木杏奈大阪芸術大学しまむら
1216分36秒49須田花音神戸学院大学TOTO

2024年2月23日時点での実業団の陸上部に内定しているのは12名です。

今後、選手の内定情報が入り次第追記していきます。

大学別の女子駅伝進路2024はどこ?

進路相談の画像

大学女子駅伝出場選手の2024年の進路を大学別にまとめてみました。

実業団に所属後は、トラック競技やマラソンなど得意種目でアジア大会やオリンピックを目指す選手もいると思います。

実業団の内定先と一緒に大学時代の記録や成績なども合わせて紹介します。

大学女子駅伝の2024年進路情報が入り次第追記していきます。

高校駅伝女子の進路2024年の情報はこちらの記事で紹介しています。

大学駅伝新入生2024ランキング男子の情報はこちらの記事で紹介しています。

箱根駅伝進路2024の情報はこちらの記事で紹介しています。

大学女子駅伝進路2024 名城大学

2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

名城大学進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
増渕祐香10000m
32分55秒48
富士山女子駅伝2023
6区:1位
全国女子駅伝2024
4区:5位
第一生命グループ
5000m
15分42秒02

注目選手:増渕祐香

強豪名城大学で1年生から駅伝のレギュラーとして活躍した増渕祐香選手。

4年生の時は怪我に苦しみ、全日本大学女子駅伝2023はエントリーから外れました。

しかし、富士山女子駅伝2023では6区を区間賞の走りで見事に復活しました。

第一生命グループでもさらなるレベルアップでクイーンズ駅伝での快走を期待したいですね。

大学女子駅伝進路2024 日本体育大学

2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

日本体育大学進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
保坂晴子3000m
9分04秒97
全日本大学女子駅伝2023
1区:4位
富士山女子駅伝2023
7区:2位
パナソニック
5000m
15分38秒04
宮内志佳3000m
9分23秒75
全日本大学女子駅伝2021
6区:7位
埼玉医科大AC
5000m
16分10秒48

注目選手:保坂晴子

錦城学園高校時代は、名城大学の祐香祐香選手とチームメイトで切磋琢磨していた保坂選手。

大学でも着実に力を付けてスピードとスタミナを強化して来ました。

実業団ではスピード重視のトラック競技か、スタミナ重視のマラソンへ挑戦するのかどちらを選ぶのでしょうか。

パナソニックでのさらなる飛躍を期待しましょう。

大学女子駅伝進路2024 玉川大学

2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

玉川大学進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
山田桃愛3000mSC
10分06秒30
全日本大学女子駅伝2023
3区:2位
富士山女子駅伝2023
2区:3位
しまむら
5000m
15分50秒92

注目選手:山田桃愛

山田桃愛選手の大学時代は白血病を発症により闘病したり、レース中の骨折など挫折の連続でした。

どんな状況でも決して諦めることなく陸上と向き合い、困難を乗り越えての復活は本当に素晴らしいですね。

実業団のしまむらでも故障に気を付けてトラックや駅伝でも快走を期待しましょう。

大学女子駅伝進路2024 大阪芸術大学

2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

大阪芸術大学進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
北川星瑠5000m
15分45秒39
全日本大学女子駅伝2023
5区:3位
富士山女子駅伝2023
5区:5位
ユニバーサル
エンターテインメント
10000m
32分39秒02
鈴木杏奈5000m
16分22秒79
全日本大学女子駅伝2023
4区:9位
富士山女子駅伝2023
7区:9位
しまむら
10000m
33分25秒16
古原夏音5000m
16分10秒75
全日本大学女子駅伝2023
6区:6位
富士山女子駅伝2023
2区:14位
京セラ
10000m
33分55秒68

注目選手:北川星瑠

大阪芸術大学卒業後に松竹芸能に所属して、芸能活動をしながら陸上競技を続け予定の北川星瑠選手。

「日本で最速の女優、タレントになりたい」と本気で二刀流を目指す北川選手から目が離せませんね。

クイーンズ駅伝で快走する北川選手より日の丸のユニフォームをている姿に期待しましょう。

箱根駅伝進路2024年の情報はこちらの記事で紹介しています。

大学女子駅伝進路2024 中央大学

中央大学女子陸上部を卒業して、2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

中央大学進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
風間歩佳5000m
16分02秒38
全日本大学女子駅伝2023
6区:7位
富士山女子駅伝2023
5区:9位
資生堂
10000m
33分16秒15

注目選手:風間歩佳

成田高校から中央大学と進学して大学女子駅伝で活躍した風間歩佳さんに注目です。

中学3年でジュニアオリンピック3000m全国優勝で一躍有名になった風間選手。

大学時代は怪我に苦しんだ印象のある風間選手ですが、最近は徐々に調子が戻ってきているのではないでしょうか。

強豪実業団の資生堂でレベルアップした風間選手の躍動する走りに期待しましょう。

大学女子駅伝進路2024 筑波大学

筑波大学女子陸上部を卒業して、2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

筑波大学進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
樫原沙紀1500m
4分13秒82
全日本大学女子駅伝2023
3区:8位
エディオン
5000m
16分07秒28

注目選手:樫原沙紀

全日本インカレ1500mで優勝を飾った樫原選手に注目です。

実業団はエディオンへ内定しており、1500mのトラック競技を中心にレベルアップをする可能性が高いですね。

距離を伸ばして、フルマラソンなどで活躍する樫原選手も見てみたいですね。

大学女子駅伝進路2024 立教大学

立教大学女子陸上部を卒業して、2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

立教大学進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
道下美槻1500m
4分12秒72
富士山女子駅伝2023
2区:9位
積水化学
5000m
16分14秒97

大学女子駅伝進路2024 神戸学院大学

2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先
堀綾花1500m
4分29秒43
富士山女子駅伝2023
1区:11位
デンソー
5000m
16分21秒44
須田花音5000m
16分36秒49
富士山女子駅伝2023
3区:24位
TOTO
10000m
36分27秒46

大学女子駅伝進路2024 

2024年4月から実業団の陸上部に所属する選手を一覧にしてまとめました。

進路2024 実業団陸上部内定先一覧
氏名自己ベスト主な成績所属先

まとめ

大学女子駅伝の出場選手の進路が2024年はどこになるのかを紹介してきました。

大学別に注目選手の内定先と一緒に大学時代の成績なども一覧にしてみました。

女子陸上界は田中希実選手や新谷仁美選手など、世界と戦える選手が徐々に増えてきました。

駅伝でタスキをつなぐレースも面白いですが、世界陸上やオリンピックなど日本代表として活躍する選手になって欲しいですね。

トラック競技やマラソンで先頭争いをする選手が実業団から出てくるのを楽しみにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次